ソーシャルレンディングサービス トラストレンディング

トップページ

お知らせ
2019/07/31
ファンドの状況に関するお知らせ

お客様各位

「船舶艤装品ファンド」の元本償還の遅延に関するご報告


 平素よりトラストレンディングをご利用いただき誠に有難うございます。
「船舶艤装品ファンド」(動産担保付ローンファンド93~102号)につきましては、弁済期日が2019年7月31日となっておりますが、貸付先より今月末の元本返済が困難であり今しばらくの時間が必要であるとの一報を受けました。下記に事業の状況と貸付先からの申入れ内容をご報告致します。


1. 事業の状況と返済計画について

 本件ファンド資金により調達された船舶艤装品は、別途運用中の「大型船舶建造ファンド」によって建造された船舶(以下、「本件船舶」といいます。)への組込みが完了し、今後、本件船舶と一体となって沖縄県の公共工事に対する資材の供給事業に投入されます。なお、2019年7月2日付の状況報告 の通り、現在、本件船舶は韓国から日本に向けた移送の準備が進められております。(本件船舶の位置情報がトラッキング可能となりました。7/29現在の所在地は こちら
 本件船舶を事業へ投入する計画に遅延が生じていることから、貸付先は、新たな出資(リファイナンス)を受けて、その資金によって「船舶艤装品ファンド」に対する元本返済を計画しています。しかしながら、リファイナンスの対象は艤装品が組込まれた船舶全体であるため、元本返済には日本での船舶登録を完了するまでの猶予が必要な状況となっております。今般、貸付先からは以下のような説明と申入れがありました。

    ・本件船舶は、8月後半から日本での検査と手続きを行い、10月からの稼働を予定していること
    ・日本における船舶登録の完了を条件としたリファイナンスの計画(新たな出資の申し出)があること
    ・当該リファイナンスの資金により本件ファンドに加えて「大型船舶建造ファンド」の貸付も一括返済する計画であること
    ・これらを前提として「船舶艤装品ファンド」の元本返済には数か月間の猶予が欲しいとの申入れ

 守秘義務等により、現時点、貸付先からリファイナンス先の情報は開示されておりませんが、適宜、計画の詳細や進捗を確認してリファイナンスの実現可能性を慎重に見極めて参ります。


2. 今後の対応

「船舶艤装品ファンド」は元本の返済に今しばらくの時間が必要となりましたため、8月13日(火)の分配日に元本償還は御座いません。  なお、返済計画に変更が生じておりますが、本件船舶を日本に移送して検査と登録手続きを早期完了させることが急務である状況に変わりはないため、当社は、前回の報告でご説明しておりますとおり本件船舶の輸出入や根抵当権の解除・再設定に関するスケジュール確定のために、貸付先や関係者への最大限の支援を継続致します。


出資者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございません。リファイナンスに関する詳細情報、本件船舶の移送に関するスケジュール、利払いの状況につきましては確認が取れしだい改めてご報告申し上げます。
以 上
© 2017 エーアイトラスト株式会社 All Rights Reserved.