ソーシャルレンディングサービス トラストレンディング

トップページ

お知らせ
2019/07/09
ファンドの状況に関するお知らせ

お客様各位

「IoT実証実験ファンド」及び「燃料卸売ファンド」に関する状況報告


 平素よりトラストレンディングをご利用いただき誠に有難うございます。
「IoT実証実験ファンド」及び「燃料卸売ファンド」につきましては、5月分の利払いに延滞が発生して以降、督促とともに返済計画の見直しを要求して参りましたが、現時点で未収利息と6月分の利息を受領できていない状況です。それぞれに関する現在の状況と今後の対応についてご報告致します。



1.7月度の分配について

 2019年7月9日現在、両ファンドともに5月分の未収利息および6月分の利息の支払いがなく、明日7月10日(水)の分配が行えない状況となりました。



2. 「IoT実証実験ファンド」の状況

  「IoT実証実験ファンド」に関しては、有効な返済計画見直し案の策定に至っておらず、ファンドの継続運用が困難な状況となっております。今後は、下記2に記載する実質的な貸付先(A社)のキャッシュフロー改善の状況を随時確認しながら、法的措置も視野に入れた回収業務に移行致します。A社の対応方針が明らかになりしだい、回収業務の進捗と今後の見通しを別途ご報告致します。



3. 「燃料卸売ファンド」の状況

 「燃料卸売ファンド」につきましては、燃料の仕入先に預入れた保証金の切崩しによる返済を検討するよう申入れなど行っておりましたが、当該保証金は仕入先との取引規模に応じて設定される金額であることから、燃料需要が拡大する見通しがある現状においてこれを切崩すことは、本事業の収益が当初計画の水準に回帰するための前提を覆すこととなるため、必ずしも有効策ではないという判断に至りました。また同様の理由から、担保として当社が譲渡を受けている供給先に対する売掛債権に基づく回収は、翌月の仕入を圧迫することで事業の成長を阻害しかねないことから、現時点においては現実的ではないものと考えております。
 既にご報告しております通り、A社のキャッシュフローは燃料卸売事業における需要への依存度が高い状況ですが、需要の急増は数ヶ月先となる見通しです。供給先の公共工事を取巻く状況や、トラストレンディングの別ファンドで実行中の関連事業における進捗などを背景として、当社としては、燃料需要の拡大に伴って3~4ヶ月後には本件ファンドの延滞が解消される可能性は十分にあるものと判断しております。この見通しの検証として、9月末までを目途に供給先公共事業における燃料需要予測に関して改めて評価と分析を行い、その結果に基づいて、本件ファンドを通常運用に回復させるか、期失案件として回収業務に移行するのかを再度判断してご報告させて頂きます。


 延滞が生じている状況下で事業の状況改善に向けた対応を継続することにより、出資者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しますが、今しばらくの猶予を頂きたくご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
以 上
© 2017 エーアイトラスト株式会社 All Rights Reserved.